2017.09.14更新

こんにちはnote2

総合歯科HMクリニック大阪中央の歯科衛生士

岡田ですrabbit 当院は長堀橋駅から徒歩すぐ

心斎橋駅からもアクセスしやすいですglitter

 

最近、患者様の口腔内でよく見かける「くさび状欠損」について今日はお話します。

くさび状欠損とは、歯のエナメル質が削れ、象牙質がむき出しになる欠損のことです。

過度なブッラッシング圧による磨耗、歯ぎしり食いしばりなどの噛み合わせの咬合力による歯質の破壊などが大きな原因と考えられていますtears

症状の知覚過敏を引き起こしやすくなるだけでなく、見えやすい位置にある歯に起こりやすいので審美的な問題にもつながります。

欠損部はプラスッチックの樹脂で修復することが可能ですglitter3

だからといって、ブラッシング圧が原因の時は力加減を工夫しないとまた元の状態に戻ってしまいます。

就寝中の歯ぎしりが原因の時は歯にかかる異常な咬合力を解消するため、マウスピースをオススメします。

 

適切なブラッシング圧は

およそ150g〜200gと言われていますtiger

目安として

①歯ブラシの毛先を歯に当てた時、毛先が広がらない

②毛先が歯と歯の間に入る

③シャカシャカと磨く音がする

 

ぜひ参考にしてみてくださいねrabbit

 

当院では、こういったくさび状欠損の治療も行っております。

お悩みの方は是非ご相談くださいねheart

 

 くさび状欠損

 

up arrowこんな感じのものです(`・ω・´)