予防歯科・小児歯科

虫歯や歯周病を予防するために

虫歯や歯周病などの病気を効果的に予防するためには、ブラッシングなどの患者様自身によるご自宅での「セルフケア」と、歯科クリニックでの「プロフェッショナルケア」を並行して行うことが大切です。ご自身ではしっかり磨けているつもりでも、歯科医師や歯科衛生士などから指導を受けていないと、適切に磨けていない場合があります。当クリニックでは、「PMTC」などによって患者様の歯を清潔な状態に保つとともに、「ブラッシング指導(TBI)」によって適切なブラッシング方法の指導も行っておりますので、是非3ヶ月に1回程度、大阪市中央区・長堀橋の当クリニックにお越しになり、定期メンテナンスを受けられて、効果的な病気予防に取り組んで頂ければと思います。

3ヶ月に1回というのも実は理由がありまして、歯の磨き残しによる細菌のバイオフィルム(排水口のヌメりのようなもの)が石のように固まり、歯にこびりついてしまうのが2~3ヶ月かかると言われており、そうなる前に除去してしまうのが効果的であるからです。

予防歯科のポイント

ブラッシング

虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)をきちんと除去するために、「1日3回(毎食後)」「食後3分以内に磨く」「3分間磨く」という、理想的な歯磨き「3・3・3」を実践するようにしてください。

フッ素塗布

歯質を強化し、虫歯菌の活動を抑えるフッ素を歯科クリニックで塗布してもらったり、フッ素入り歯磨き剤・洗口剤を使用したりすることで、虫歯にかかりにくい歯を目指しましょう。

お口の中の細菌を減らす

ご自宅でのセルフケアと、歯科クリニックのプロフェッショナルケアにより、虫歯や歯周病などの病気の原因となる細菌の数を減らしましょう。

セルフケアとプロフェッショナルケア

セルフケア

「磨いている」と「磨けている」とでは、病気予防の効果に大きな差があります。適切なブラッシング方法を身に付けるとともに、デンタルフロスやフッ素入り歯磨き剤・洗口剤などの補助アイテムを使用して予防効果を高めるようにしましょう。

プロフェッショナルケア

スケーリング

ブラッシングなど、ご自宅でのセルフケアだけでは除去できない歯垢は、やがて排水口のヌメりのような、ばい菌のかたまりであるバイオフィルムを形成し、2~3ヶ月で石のように固い歯石になってしまいます。これらを、「スケーラー」と呼ばれる専用器具を使ってきれいに落とします。

ブラッシング指導(TBI)

患者様の磨き方の癖や、使用中の歯ブラシなどを確認した上で、適切なブラッシング方法を指導します。

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医師や歯科衛生士が専用器具を使って行う歯のクリーニングです。セルフケアでは落としきれない歯垢や歯石などの汚れを、徹底的に取り除くことができます。病気予防だけでなく、コーヒーやワインなどによる軽度のステイン(着色汚れ)や、口臭の改善効果も期待できます。

歯垢の染め出し

染め出し剤をお口に塗布し、歯垢を染め出します。磨き残しのある部分や、セルフケアが適切に行えていない部分を可視化することで、患者様のブラッシングの癖を確認することができます。

大阪市中央区・長堀橋で歯医者・予防歯科なら当院までお越しください。

小児歯科

乳歯の虫歯は永久歯に影響する?

「乳歯はいずれ生え変わるから、虫歯を放置しても大丈夫だろう」という考えは大きな間違いです。乳歯の虫歯を放置すると、口腔内の虫歯菌が増えてしまうため、新しく生えてきた永久歯も虫歯にかかりやすくなる場合があります。また乳歯の虫歯が進行して歯根(歯の根っこ)で炎症が起こると、一部分が変色した永久歯が生えてくることもあります。そして、虫歯の悪化が原因で乳歯を抜歯すると、まわりの歯が抜歯した部分に寄り、永久歯がまっすぐ生えるスペースが少なくなり、永久歯の歯列が乱れる原因となる場合があります。このように、乳歯の虫歯は永久歯に様々な悪影響をおよぼす可能性がありますので、決して放置せずに、適切な治療を受けさせてあげるようにしてください。

大阪市中央区・長堀橋で小児歯科なら当院にお任せください。

お子様の歯のケア方法

フッ素塗布

歯質を強化し、虫歯菌の活動を抑えるフッ素を歯面に塗布することで、虫歯にかかりにくくします。フッ素塗布は定期的に受けることで予防効果が高まりますので、是非定期的に受けさせてあげるようにしてください。

仕上げ磨き

小さいお子様の中には、自分一人ではきちんと歯を磨くことができない子もいますので、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。お子様の自立性によっても異なりますが、小学校低学年まで続けて頂けるのが理想的です。

お子様の歯並びを悪くしないために

お子様が普段行っている癖が、歯並びに悪影響をおよぼす可能性があります。お子様に次のような癖がある場合には、注意が必要です。すぐにやめさせることができなくても、少しずつ直すようにしてください。

  • 指しゃぶり
  • 頬杖
  • 爪を噛む
  • 唇を噛む
  • ものを飲み込む時に舌を出す
  • いつも同じ方向を向いて寝ている(例:顔の右側がいつも下 等)
  • 口呼吸をしている